パニック障害.com

パニック障害を一緒に治しましょう!

【納豆チーズトースト】私のおすすめ納豆チーズトーストの効果について

本日は、数ヶ月前から好んで食べている納豆チーズトーストの効果について書いていきたいと思います。やはり体質改善には「食べ物」と「飲み物」をしっかり変えていくことが大事だと思います。前回、「乾燥肌・血流改善にお水をたくさん飲みましょう!」で、飲み物を変える事によって私自身の身体にどのような変化があったかを書きましたが今回は納豆チーズトーストの効果について書いてみたいなって思います。いつも言っていますがあくまで個人の感想ですので参考程度によろしくお願いします。ごく稀に納豆アレルギーの方もいらっしゃいますしチーズアレルギーの方もいらっしゃいますので自分がアレルギーを持っていないか不安な方は医師に相談してみてください。普段から納豆や乳製品を食べてて問題ない方にお薦めしたいです。私自身は、食べるまではパンに納豆?合うわけないでしょう!って思っていわゆる食わず嫌いだったのですがたまたまその日、家にとろけるチーズと食パンと納豆しかなく家に出るのも面倒だったので試しに食べてみたら美味しくてハマッてしまいました。その事をツイッターで呟くと意外と納豆チーズトーストを食べておられる方が多くてびっくりしました。それでは、納豆チーズトーストの効果と私自身が食べてみてどのように感じたかを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

納豆チーズトーストの効果

効果の前に簡単に作り方を。(イチイチ説明するまでもないですが笑)

①食パン1枚を用意

②(出来れば)とろけるチーズを用意。→無くても良いのですが個人的にはチーズがあることでまろやかになるので好きです。

③納豆を1パック用意してしっかり100回以上かき混ぜる。納豆は200回ほどかき混ぜるのが良いみたいです。

参考・参照サイト:納豆は何回混ぜれば一番おいしくなるの?

④電子レンジで焼くだけ!

たったこれだけです笑 出来上がりはこんな感じです。

初めは、「これ、美味しいのか?」って半信半疑でしたが美味しかったです笑 納豆・チーズともに発酵食品なので効果はズバリ「腸内環境改善」です。以前、こちらのサイトで書いたと思うのですが私はずっと右脇腹が張っているような変な感じがあったので意識して発酵食品をとるようにしているのですが納豆ご飯ばかりだと飽きるのでどうにかして納豆を美味しく食べる事は出来ないかと思っていたので納豆チーズトーストのおかげでバリエーションが出来て本当に助かっています。腸内環境改善には、納豆チーズトースト以外にも以前紹介した「バナナを食べてバナナの効果を実感しよう!」も合わせて見てください。

スポンサーリンク


私自身が食べてみての感想

やはりおなかの調子が良いなって思いました。腸内環境が改善されると免疫力もアップしますし体質自体も改善されるようですのでずっと続けていきたいなって思っています。とにかくいつも言っていますが続けることが大事なのですがちょっとやっては止める方が非常に多いなって思います。すぐに効果なんてなかなか出ません。私は最低でも半年ぐらいは経過をしっかり見ます。なのでアレルギーとかで無い限りは習慣づけてしっかり継続して欲しいなって思います。納豆とチーズはたんぱく質が豊富で特に大豆のたんぱく質は満腹感を得やすく食べ過ぎを抑えてくれますのでついつい食べ過ぎてしまう方には良いと個人的には思います。実際、納豆チーズトーストを食べると結構な満腹感を得られます。

おすすめのアプリ「COCOLOLO」

私が使っている自律神経測定アプリをご紹介したいと思います。「COCOLOLO」っていうアプリです。リンクを貼っておきますのでよろしければ使ってみてください。(別にこのアプリをダウンロードしたからといって私が儲かるとか一切ありませんので笑)

アンドロイド版:COCOLOLO
iOS版:COCOLOLO

公式ホームページ:http://cocololo.jp/

以上、一人でも多くの方に当記事を読んでもらえたら幸いです。みなさんのご協力お願いします。

それでは一人でも多くのパニック障害患者の回復を願って。。。

人気ブログランキング(現在1位)
ブログ村 メンタルヘルスブログ(現在139位)
のランキングに参加中です。読者の方のランキング投票に感謝いたします。

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。

【お知らせ】
プロフィールにも書いていますが、仕事として競馬予想・為替予想・株式銘柄分析をしていますのでもし興味がある方は、宜しければそちらも息抜きにでもご覧になってください。何かを予想することがとにかく好きです笑 よろしくおねがいします。「単複勝負.com」「週間為替展望.com

スポンサーリンク

-パニック障害

読者の方のシェア(拡散)に感謝します。