パニック障害.com

パニック障害を一緒に治しましょう!

【パニック障害と不眠症】不眠症でお悩みの方の為に、私が行った不眠症対策を書いてみようと思う。

本日は、フォロワーさんの中でも多い不眠症について書いていこうと思います。私もパニック障害が酷い時はもやもやとして不安感で全然寝付けませんでした。パニック障害になる前は寝つきは悪くなかったですが熟睡感はあんまり無く慢性的な寝不足みたいな感じになっていました。しかし、今現在は本当に「良く寝たー」って感じで朝を迎えます。目覚まし時計など合わせなくてもだいたい同じ時間に勝手に目が覚めます。途中で起きる事もほとんどなく一度、布団に入れば10分から20分ほどで眠りに入りそのまま一度も起きずに朝を迎えます。非常に朝、気持ちいいです。それでは私が行った不眠症対策を書いていきたいと思います。よろしくお願いします。当記事はあくまで少しでもお役に立てればという想いで書いていますのでご理解の程、よろしくお願いします。

スポンサーリンク

私が行った不眠症対策


①やっぱり有酸素運動を毎日30分は行うようにした。
やはり運動は非常にストレスの緩和・不安の軽減効果があるのでしたほうがいいです。(関連記事:ウォーキングとジョギング、どっちがいいの?) 私は雨の日以外は基本的に8000歩以上は歩くようにしています。出来れば10000歩以上歩くようにしていますが最低でも30分以上の有酸素運度をするように心がけています。家の近所を30分程度、自分でコースを決めて歩くだけで良いと思います。出来れば日を浴びた方がよいので朝のウォーキングをお薦めします。(関連記事:【日光浴のメリット】日光浴をしよう!!!) この毎日30分以上のウォーキングを継続するだけでも不眠症対策として非常に効果が期待できると思います。とにかく最低でも一ヶ月は継続してやって欲しいです。慣れてくれば8000歩から10000歩ぐらいならそこまで苦ではないです。程よい疲労感で夜になると眠たくなるサイクルになってくれると思います。

②夜22時以降のスマホなどのデジタル機器の閲覧を止める。
これは、【スマホの見過ぎ】スマホを見過ぎることによって起こる悪影響とその対策でも書きましたがとにかく夜にスマホをダラダラとみると交感神経が活発になり目が冴えてしまいます。つまり寝る前の行動としては逆効果になります。スマホで目を疲れさせて眠りにつこうとする方がいらっしゃるみたいですがそれは止めたほうがいいです。特に精神疾患系のご病気でなかなか寝付けない方は夜22時以降のスマホの操作をやめてみてください。最初はなかなか寝付けないと思います。私もパニック障害が酷かった頃は布団の中でスマホをいじりながら夜中までずっと起きていました。今では特に意識していません。だって夜の22時以降なんてもう眠くて眠くていい意味でスマホどころではないからです笑 当然ながら毎日の有酸素運動と併用する事で効果が倍増されると思います。

③夜の食事を粗食にして食べる時間帯を早める。
粗食というと大げさですが、これは良く食べる方に効果があると思います。私も以前はすごい食べる人間で回転寿司とかに行くと30皿から40皿ぐらい食べる早食いの大食いでした。これは内臓に非常に負担をかけます。寝る前に一杯食べないと寝れないという方がいますが止めた方がいいと個人的には思います。太りやすい体質にもなりますしそもそも健康的に良くないです。夜の食事を控えめにして且つ、食べる時間帯を(出来れば)19時前までに済ませたいです。今現在の私は夜の食事は18時台に済ませてそれ以降は寝るまで水しか摂取しません。そうすると寝ているときに内臓が休まるので睡眠の質を高めてくれますし朝起きた時に内臓がもたれる感じがないです。外で働いている方に19時までに食事を済ませろというのはなかなか難しいと思いますのでせめて内蔵にやさしい食事に変える、そして食べる量を減らすなど工夫してもらいたいなって思います。ラーメンと餃子にビールという組み合わせを深夜に食べてから寝る方、、、止めてみましょう笑

スポンサーリンク


不眠症対策を行った私の個人的な感想

冒頭でも書きましたが本当にすっきり毎日起きれます。私のフォロワーさんならご存知だと思いますがだいたい6時台には起きています。しかもしっかり熟睡感もあります。だいたい22時から23時ぐらいに寝ますので平均して7時間から8時間ほど寝ている計算になると思います。当然、仕事の関係上もっと遅くになる事もありますが起きる時間は変えないように心がけています。寝る時間はどうしても毎日同じ時間にする事は難しいと思います。なのでみなさんも起きる時間は毎日同じ時間にするように心がけて欲しいなって思います。当然、最初は眠いでしょう。でも毎日同じリズムを刻むと体内時計が修正されていきます。そうすると勝手に夜になると眠くなります。こうなったらもう大勝利です笑 夜になったら勝手に眠くなるということは自律神経のバランスも取れてきている事でしょう。なので初めは非常に大変だと思いますが頑張ってやってみてください。私も頭では分かっているがなかなか出来ませんでした。初めから毎日やらなくても良いと思います。2日に1回、3日に1回出来る範囲でとにかく「継続」してやってみてください。睡眠導入剤や睡眠薬を使っていては不眠症は治らないと思います。私も以前は心療内科で睡眠薬を処方してもらっていましたが今では全く服用していません。かれこれ1年以上もう服用していません。そんなもの必要なくなったからです。以上、私が行った不眠症対策です。参考になれば幸いです。

おすすめのアプリ「COCOLOLO」

私が使っている自律神経測定アプリをご紹介したいと思います。「COCOLOLO」っていうアプリです。リンクを貼っておきますのでよろしければ使ってみてください。(別にこのアプリをダウンロードしたからといって私が儲かるとか一切ありませんので笑)

アンドロイド版:COCOLOLO
iOS版:COCOLOLO

公式ホームページ:http://cocololo.jp/

以上、一人でも多くの方に当記事を読んでもらえたら幸いです。みなさんのご協力お願いします。

それでは一人でも多くのパニック障害患者の回復を願って。。。

人気ブログランキング(現在1位)
ブログ村 メンタルヘルスブログ(現在139位)
のランキングに参加中です。読者の方のランキング投票に感謝いたします。

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。

【お知らせ】
プロフィールにも書いていますが、仕事として競馬予想・為替予想・株式銘柄分析をしていますのでもし興味がある方は、宜しければそちらも息抜きにでもご覧になってください。何かを予想することがとにかく好きです笑 よろしくおねがいします。「単複勝負.com」「週間為替展望.com

スポンサーリンク

-パニック障害