パニック障害.com

パニック障害を一緒に治しましょう!

【パニック障害】自宅で出来る有酸素運動、「ジャンプ運動」を毎日やろう!

2017/11/22

ランキングにご協力、有難うございます!
人気ブログランキング
ブログ村 メンタルヘルスブログ

本日は、パニック障害や広場恐怖症などの精神疾患でなかなか外出が出来ない方や忙しくて運動したいが時間が取れない方々にお薦めしたい運動です。そう、ジャンプ運動です。ジャンプ運動は気軽に家で簡単に出来ますし場所も取らないので非常に効率的な有酸素運動だと思います。私も筋トレ(無酸素運動)と平行して合間合間にジャンプ運動をここ数ヶ月しています。ずっと運動をしていない方がやると100回も飛べばかなりふくらはぎがパンパンになると思います。(若い子だと大丈夫だと思いますが中年の人がやるとホントにパンパンになります笑) それでは、本日は自宅で簡単に出来るジャンプ運動のやり方とその効果について書いていきたいと思います。よろしくお願いします。

スポンサーリンク

毎日やろう! ジャンプ運動のやり方

ジャンプ運動のやり方って言ってもそんな難しい事は何もないです笑

①マンションやアパートなら下の階に響かない程度(軽く体が浮く程度)に軽くジャンプする。

②1セット、100回程度を3セット行う。(ただし、脚や膝が痛いなら1セット30回から50回程度で良い)

③1回3セットで朝・晩と1日2回程度行い、合計500回から600回を目標に毎日行いたい。(慣れてくれば出来れば1セットの回数を増やして1日1000回はやりたいですがそこはその日の身体の調子と相談してください)

④好きな音楽等あればそれを聴きながら「笑顔」で楽しくピョンピョンピョンって感じでリズミカルにジャンプしてください。(リズミカルにジャンプする事が重要です)

こんな感じです。そこまで難しくないと思います。私自身もジョギングやウォーキングなど外に出て有酸素運動をすることが大事だと頭では分かっていても身体の調子が悪かったり何となく外出するのが嫌だったりする時がパニック障害の症状が酷い時は多々ありました。今、このサイトを読んでくださっている方の中にも「運動はしたいんだが外に出ると気分が悪くなる・外に出ると不安になったり動悸がする」って方、いらっしゃると思います。私も経験者なので痛いほどお気持ちが分かります。そんな時、家で身体の力を抜いて好きな音楽や好きなアロマを炊いて軽くでいいのでジャンプしてみてください。最初はほんの10回でもいいと思います。いつも言っていますが回数よりも継続する事が大事です。まずは始めてみてください。そして継続してみてください。きっと身体に変化が現れると思います。

スポンサーリンク


ジャンプ運動の効果

それでは、そんな簡単に出来るジャンプ運動の効果ですがこれが結構、いろんな効果があるんですよ。だから奨めているんですけどね。

①内臓のコリをほぐしてくれます→ジャンプ運度で内臓が上下に動かされて内臓が刺激され内蔵の血流が良くなります。

②血流がアップするので眼精疲労などの目の疲れも良くなる。

③目の疲れが緩和されると緊張が取れるので自律神経が安定しやすくなる。

④脚のふくらはぎに程よく筋肉がつくので身体全体の血流が良くなる。

⑤結果として緊張しにくい身体、つまり不安を感じにくい身体になってくるので「外に出てみよう」と前向きな気持ちになってくる

っと言った感じです。

つまりはジャンプ運動することにより内臓周りが刺激されその周辺の血流がアップし、その影響で目のこりも取れて身体全体の血流がアップし緊張がほぐれよりリラックスした状態になり気分も前向きになるといった感じですね。目のコリが酷いと目の裏側、すなわち首の後ろ側が緊張して固くなり自律神経を乱してしまいます。なのでジャンプ運動をすることによって首こり・肩こりにも効果があると言えると私は思っています。

本日は、有酸素運動をしたいがなかなか外出できない、時間がないって方のためにジャンプ運動を紹介してみました。手軽に出来るので早速今日からでもやってみてください。難しく考えないで最初は1日30回でもいいと思います。30回でも毎日やるのとやらないのでは全然違いと私は思います。

以上、一人でも多くの方に当記事を読んでもらえたら幸いです。みなさんのご協力お願いします。

それでは一人でも多くの方の病気の回復を願って。。。

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。

【お知らせ】
プロフィールにも書いていますが、競馬予想・為替予想をしていますのでもし興味がある方は、宜しければそちらも息抜きにでもご覧になってください。何かを予想することがとにかく好きです笑 よろしくおねがいします。「単複勝負.com」「週間為替展望.com

スポンサーリンク

-パニック障害