パニック障害.com

パニック障害を一緒に治しましょう!

【パニック障害】ピーゼットシー(PZC)について私が感じた事

2017/11/22

ランキングにご協力、有難うございます!
人気ブログランキング
ブログ村 メンタルヘルスブログ

本日は、わたしが初めてパニック障害になった時に吐き気止め効果を期待して服用を始めたピーゼットシー(PZC)について書いてみようと思います。私はパニック障害初発症(この時を第1期とします)と再発(この時を第2期とします)と経験していて今現在は、第2期です。このサイトを立ち上げてからたまーに、各記事ごとのアクセス数を見ているとメイラックスについての記事のアクセス数が多い事に気づきました。つまり、みなさん、お薬を服用するにあたって一般的な効能・副作用よりも実体験に基づく効能・副作用に興味があるんだろうなって思ったので今回、私が飲んだことのあるピーゼットシー(PZC)について私が感じた事を書こうと思いました。あくまで私個人の感想になりますが参考になればと思い書いていきます。

スポンサーリンク

ピーゼットシー(PZC)の効果

私はパニック障害初発症、つまり第1期の時の主な症状は原因不明のめまいと吐き気でした。1年半の休職を経て復職したのですがめまいは1年半の休職で何とか耐えられる範囲まで回復したのですが(幸い立ち仕事ではなくデスクワークだったのも良かったです)、吐き気だけは復職後も本当にきつかったです。寝ているとき以外はほぼ何か吐きそうな感じが付き纏い、酷い時は気が狂いそうでした。そんな当時の私を助けてくれたのがこのピーゼットシー(PZC)でした。それでは私がピーゼットシー(PZC)を飲んで感じた効果を書いていきます。

・吐き気や嘔吐を止める作用がすごく服用すると吐き気が大分、楽になった。
ピーゼットシー(PZC)は、一般的に大きく3つの効能が期待出来ます。

①不安感や緊張感の改善

②脳内の情報伝達系の混乱を改善(統合失調症で苦しむ方が服用する時に期待する効能)

③吐き気や嘔吐を止める作用(制吐作用)

です。私の場合は、「③吐き気や嘔吐を止める作用(制吐作用)」が本当に効きました。かなり効きました。パニック障害なので当然、漠然とした不安感・緊張感もあったと思うので「①不安感や緊張感の改善」の効果も多少はあったかもしれませんがこれに関しては体感できるほどの効果は私自身は無かったです。でも、きっとあったんだろうなって今振り返ると思います。吐き気や嘔吐を止める作用(制吐作用)に関しては、プラシーボ効果的な気分的なものもあるかもしれませんがかなり早く効いてくれました。なので、朝の通勤の満員電車などでどうしても座れない事が事前に分かっている時は家を出る前に飲んでました。薬自体は小さくて丸い薬なので非常に飲みやすいです。私はカプセルなど大きい薬は飲むのが非常に苦手なのですがそんな私でも気軽に飲める大きさの薬です。(すみません、今現在はめまいや吐き気は全くないので服用していないため現物の写真はインターネットで画像検索してください)

スポンサーリンク


ピーゼットシー(PZC)の副作用

一般的に大きく5つぐらいの副作用が出る可能性があると言われています。

①手のふるえや身体のこわばり

②口の渇き

③眠気・頭痛

④目のかすみ

⑤便秘・尿が出にくくなる

他にも副作用はありますが、個人的にはこのピーゼットシー(PZC)に関しては自覚できる副作用はまったくありませんでした。多かれ少なかれ薬を服用すると眠くなったり、身体が変に痺れたりいろいろ副作用の症状が出る事がありますが私が服用している間、この薬だけは全く持って副作用が無かったです。だからと言ってみなさん、副作用が出ないですよ!安全な薬ですよ!って言っているわけではありませんからね。実際、この薬ではありませんがパニック障害初発症(第1期)の時は服用しても全く問題なかった薬が再発時(第2期)の時はすごい副作用が出て服用を中断した薬があります。その薬に関してはまた次の機会に書きたいと思います。

パニック障害の患者さんだけでなく原因不明の吐き気で常に吐きそうで困っている方でピーゼットシー(PZC)を服用した事が無い人は一度、主治医に相談した上で処方してもらうのも良いかもしれません。副作用が出ない事を祈っています。

本日はピーゼットシー(PZC)について私が感じた事を書いてみました。

以上、一人でも多くの方に当記事を読んでもらえたら幸いです。みなさんのご協力お願いします。

それでは一人でも多くのパニック障害患者の回復を願って。。。

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。

【お知らせ】
プロフィールにも書いていますが、競馬予想・為替予想をしていますのでもし興味がある方は、宜しければそちらも息抜きにでもご覧になってください。何かを予想することがとにかく好きです笑 よろしくおねがいします。「単複勝負.com」「週間為替展望.com

スポンサーリンク

-パニック障害