パニック障害.com

パニック障害を一緒に治しましょう!

【パニック障害】お風呂の温度を何度にしていますか?何度が適温?

2017/11/22

ランキングにご協力、有難うございます!
人気ブログランキング
ブログ村 メンタルヘルスブログ

本日は、皆さんがほぼ毎日入っていると思われるお風呂の温度について書きたいと思います。お風呂の温度って、交感神経のほうが活発になりやすい現代の日本人にとっては非常に重要なんですがあんまり深く考えずに入浴している人が多いと思います。精神疾患系のご病気を抱えている方は健康な方よりもさらに交感神経の方に偏りやすく副交感神経がなかなか上手く機能してくれず常に過緊張な状態になったりめまいがしたり血行が悪かったりといろいろな不定愁訴に苦しんでいると思います。私も実際、そうです。そんな私が最近、お風呂の温度をたった2度ほど変えただけで調子がややよくなってきた、厳密にいうと交感神経と副交感神経のバランスの偏りがあまりなくなってきたのでお風呂の温度の特徴について書いていきたいと思います。是非、お時間のある時にゆっくりと読んでみて下さい。

スポンサーリンク

お風呂の温度が42℃以上

この温度は一般的に「高温浴」といわれる温度です。精神疾患系のご病気で交感神経のほうが常に活発な方はこの温度は控えてください。42℃以上は基本的に交感神経が活発になり心拍や血圧が上がります。なので普段から交感神経が活発で高血圧気味の方にはお薦めする事が出来ません。ただし、メリットもあって新陳代謝がよくなり老廃物の排出を手助けしてくれます。朝に仕事に行く前にシャキッとしたい健康な方などにお薦めの温度だと私は思っています。冬場は特に寒いのでどうしてもお風呂の温度が上がりがちなので注意して下さい。実際、私も季節問わずお風呂の温度は今まで42℃以上でした。。。(反省)

お風呂の温度が39~41℃

この温度は一般的に「中温浴」といわれる温度です。今まで高温浴の温度で入浴していた方は初めはぬるく感じる温度だと思います。この温度が適している方は「コリ」がある方です。肩こり・首こりなどのコリです。お風呂の温度は40℃を境に交感神経が活発になるのか副交感神経が活発になるのかに分かれます。ちょっとリラックスしたいなって方は少しぬるいですが39℃がお薦めです。私は40℃で沸かしてしばらく置いてから入浴していますので実質39℃ぐらいで入浴している感じです。39℃で沸かすとどうしても時間の経過と共にぬるくなって実質温度が37,8℃になるので私は40℃で沸かしています。個人的な感想ですが40℃の温度に変えてから入浴時はぬるくて寒いなって思っていましたがお風呂上りは42℃で入っていたときよりも身体があったまっている感じがしますし何より身体がリラックスしているのを感じます。血行が悪い方は中温浴は血液の循環がよくなるのでお薦めです。

スポンサーリンク


お風呂の温度が37〜39℃

この温度は一般的に「低温浴」といわれる温度です。37度〜39度のお湯は、副交感神経を刺激して血圧を低くする効果があります。かなりぬるく感じますが精神疾患系のご病気になって妙に緊張しやすくなったとか自律神経失調症と診断され交感神経が常に活発な方はこの温度で入浴することを強く薦めます。ずっと42℃以上のお風呂に入っていた方には正直、「寒い」って感じる温度だと思うので39℃でいいので、つまり40℃以下ならいいので40℃を意識して温度設定してください。たった1,2℃ですが身体の感じ方は全然違います。私もここまで身体がリラックスするとは思いませんでしたから。

最後におすすめのアプリ「COCOLOLO」をご紹介!

実際にお風呂の温度を下げてみて自律神経のバランスがよくなったのかどうか気になりますよね?そんな方に私が使っている自律神経測定アプリをご紹介したいと思います。「COCOLOLO」っていうアプリです。リンクを貼っておきますのでよろしければ使ってみてください。

アンドロイド版:COCOLOLO
iOS版:COCOLOLO

公式ホームページ:http://cocololo.jp/

以上、一人でも多くの方に当記事を読んでもらえたら幸いです。みなさんのご協力お願いします。

それでは一人でも多くのパニック障害患者の回復を願って。。。

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。

【お知らせ】
プロフィールにも書いていますが、競馬予想・為替予想をしていますのでもし興味がある方は、宜しければそちらも息抜きにでもご覧になってください。何かを予想することがとにかく好きです笑 よろしくおねがいします。「単複勝負.com」「週間為替展望.com

スポンサーリンク

-パニック障害