パニック障害.com

パニック障害を一緒に治しましょう!

【パキシルの効果と副作用】パキシルを服用して私が感じた事・体験した事について書いてみようと思う。

本日は、わたしがパニック障害だとまだ言われる(診断される)前に症状を説明して医師から処方されたパキシルについて書いていこうと思います。いつも言っていますがあくまで私個人の感想なのでご理解の程、よろしくお願いします。正直、このパキシルという薬は二度と飲みたくないです。なので当サイトに記事として書くのも躊躇っていたのですが一般的な薬の効能・副作用よりも実体験者の感想のほうが私自身は非常に参考になったので同じようにパキシルを服用しようか悩んでいる方、もしくはもうパキシルの服用を止めたいと思っている方の参考に少しでもなればと思い、書くことにしました。繰り返しになりますが、あくまで私個人の感想なのでご理解の程、よろしくお願いします。

スポンサーリンク

パキシルの効果

パキシルにはセロトニンを増加させる作用がありますので何ともいえない不安感や焦りなどを和らげてくれます。しかも私自身の感想ですがかなりの即効性があります。お薬の中には飲んだけど効果を全然感じられない薬もありますがパキシルは効果をすぐに感じられました。逆にいうとこれがパキシルの怖さだと個人的には思っています。即効性があって非常に効果を実感出来るということはそれだけ副作用というか依存度が増してしまうということに服用し始めた当初の私は気づいていませんでした。パキシルの服用を開始した当初の私の主な症状は、「以前と比べて過緊張になった」・「何とも言えない不安感で眠れない」・「過緊張が原因で何でも無い場面で力が入りすぎて手が震える」といった症状がありましたがパキシルの服用を始めると(今考えると不自然ですが)不安感が消えて非常にテンションが高くなって緊張感が和らぎました。ここまで書いた内容だけを見るとまだ飲んだ事が無い人はすごい良いお薬じゃないの?って思うかもしれませんがこの薬の怖いところはこの薬に依存し始めてからです。その辺のことは後述するパキシルの副作用のところでしっかり書いていきたいと思います。

スポンサーリンク


パキシルの副作用

パキシルの一般的な副作用は、眠気が酷いとか胃腸が弱くなるとか性機能が弱まるとかいろいろ書かれていますが私自身はこれらの副作用を実感できませんでした。もしかしたら胃腸が弱まっていたのかもしれません、もしかしたら性機能が弱まっていたかもしれませんが実感は出来ませんでした。パキシルは副作用が怖いのではなくてパキシルの効果が切れたときが怖いと私は思っています。非常に即効性があって凄いお薬なのですが薬の効果が切れ始めるとよく言われる「シャンビリ」が凄いです。これが私は本当に怖かったです。「シャンビリ」って何?って方に説明すると薬の効果が切れ始めると体中に電気が走ったみたいにビリビリ痺れるのです。私は歩いている最中に、全身に「ビリッ」・「ビリッ」って電気が走って歩けなくなるほどでした。これがパキシルの怖かったところです。「シャンビリ」の症状が現れると急いでパキシルを飲んでいました。飲んだら「シャンビリ」はすぐに治まります。つまり、パキシルの服用を止めれなくなるのです。それでも、この悪循環を断ち切りたかったので私はちょっとづつ減薬してパキシルの服用を止めました。もう数年前のことなのでどれくらいで服用を止めれたか曖昧ですが1年以上はかかったと思います。減薬中ずっと「シャンビリ」に悩まされ続けましたがこの悪循環を断ち切りたいと強い気持ちで頑張りました。断薬してからも少しの間は「シャンビリ」に悩まされました。本当に辛かったので冒頭でも言いましたが二度と飲みたくないです。あくまで個人的な意見ですが安易に(安易ではないのかもしれませんが)、医師が症状を聞いてパキシルを薦めてきたらその医師は止めたほうが良いと思います。その医師はパキシルの離脱症状の辛さを分かっていないです。いくつかの薬を試したがなかなか症状が良くならず悩みに悩み、パキシルを一度どうかと薦めてくる医師なら悪くないと思うのですがいきなりパキシルを薦めてくる医師は私は信用できないです。実施、60歳以上の名医が自分では飲みたくない薬にパキシルの名前を挙げています。(参考記事:名医たちが実名で明かす「私が患者だったら飲みたくない薬」) 医師が飲みたくないと言っているのに処方するんです。。。今では、もう全然「シャンビリ」に悩まされることなく穏やかな毎日を過ごしていますが当時は本当につらくパキシルのせいでノイローゼになりそうでした。パキシルを飲んでみようかな?っとか医師から薦められたけどちょっと躊躇っている方などの参考になれば幸いです。最後にもう一度、言いますがこれは私個人の感想です。まったく副作用も出ず、「シャンビリ」も全然、発生しない方もなかにはいらっしゃるかもしれません。ですが多くの方がこの「シャンビリ」で悩んでいるみたいですので良く医師と相談の上、服用することを強く薦めます。

本日はパキシルについて私が感じた事を書いてみました。

以上、一人でも多くの方に当記事を読んでもらえたら幸いです。みなさんのご協力お願いします。

それでは一人でも多くのパニック障害患者の回復を願って。。。

人気ブログランキング(現在1位)
ブログ村 メンタルヘルスブログ(現在139位)
のランキングに参加中です。読者の方のランキング投票に感謝いたします。

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。

【お知らせ】
プロフィールにも書いていますが、仕事として競馬予想・為替予想・株式銘柄分析をしていますのでもし興味がある方は、宜しければそちらも息抜きにでもご覧になってください。何かを予想することがとにかく好きです笑 よろしくおねがいします。「単複勝負.com」「週間為替展望.com

スポンサーリンク

-パニック障害

読者の方のシェア(拡散)に感謝します。