【病気】パニック障害.com

 パニック障害という病気は必ず治ります!

【病気・パニック障害】1分だけ指を揉んでみませんか? 仁神術

2017/04/13

シェアありがとうございます。

パニック障害や自律神経失調症の方は、毎日「なんとなく調子がわるい」「なんとなく不安」となんとなく不快な感じがずっと続いています。不定愁訴と一言で言うのは簡単なんですが当の本人は毎日毎日、本当に辛くて何もやりたくないって感じにもなり鬱を併発する人もすくなくありません。最低でも現状よりは悪くなりたくないと思いますので簡単に出来る指揉み(仁神術)を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

指揉み(仁神術)の方法

指揉みの方法ってたいそうなタイトルをつけていますが別に難しいことはありません。しかもこの指は揉んでは駄目っていうのもなく全部の指を揉んでもらってかまいません。揉むのが不自然な場面や揉むのもしんどいっていうなら指を1分間握るだけでも全然かまいません。右手・左手、好きなとき、好きな場所で1分間揉むなり握るなりしてみてください。指によって効果が違いますので指ごとの効果を書いていきたいと思います。

親指の効果

虚弱体質・腹痛・脾臓が弱っている。消化不良時。あとは、なんとなく不安なとき、うつ状態の時にも効果があります。

人差し指の効果

腎臓・膀胱が弱っている。背中に張りや痛みを感じるとき。心配事や恐怖感を感じているときにも効果があります。

中指の効果

胆嚢(たんのう)・肝臓が弱っている。不安を和らげたりイライラや怒りという感情を抑える効果もあります。

薬指の効果

肺・大腸が弱っている。なんとなく心細いとき等、寂しいという感情を和らげる効果もあります。

小指の効果

小腸・心臓・循環器系・骨が弱っている。緊張や不安を和らげる効果もあります。落ち着きたい時や気を紛らわせたい時に効果があります。

まとめ

これは私が今信頼して通院している整体院の先生が教えてくれました。私の場合は、中指をぎゅっと握ると少し気持ちが楽になります。揉むよりぎゅっと握るほうが私の場合は落ち着きます。人それぞれ違うと思うのでそれぞれの指を握ってみて落ち着く指があると思うのでその指を中心に毎日1分間、握るなり揉むなりしてみてください。別に毎日しなくてもいいです、調子悪いなって瞬間瞬間に自分が一番落ち着く指をぎゅっと握ってあげてください。きっと楽になるでしょう。

今日は指を揉む効果について書いてみました。頓服薬を飲むのもいいのですがなるべく薬は飲みたくないのがみなさんの気持ちだと私は思っているのでまずは指を揉んでみてください。それでも駄目なら頓服薬って感じにしてみてはいかがでしょうか?

以上、パニック障害に対する理解を広めたいので一人でも多くの方が当記事を読んでもらえたら幸いです。みなさんのご協力お願いします。

それでは一人でも多くのパニック障害患者の回復を願って。。。

スポンサーリンク

-パニック障害

シェアありがとうございます。