【病気】パニック障害.com

 パニック障害という病気は必ず治ります!

【病気・パニック障害】自律神経に効果のある体幹トレーニング

シェアありがとうございます。

当ブログを見てくださっている方は精神疾患系のご病気をお持ちの方がほとんどだと思います。正直、運動したり腹筋や背筋等の筋肉を鍛えたほうが良いことが分かっていてもなかなかそういう気にならないし一時的にやる気になってもなかなか継続しないというのがあると思います。これは別に病気の方だけでなくトレーニングを継続してやっていくのは本当に難しいことですよね笑 そんな私が最近、これは簡単で本当にいいと思った体幹トレーニングがあるのでその体幹トレーニングの方法と体幹トレーニングの効果について書いていこうと思います。それでは、よろしくお願いします。

スポンサーリンク

体幹トレーニングの方法

簡単でこれなら何とか毎日継続できる体幹トレーニングの方法じゃないかと思ったのがプランクです。それではそのプランクのやり方を今回はご紹介したいと思います。本当にトレーニング嫌いの私でも毎日何とかやっていけているので是非、挑戦してみてください。(詳しくは「プランク やり方」等で検索してください。)

プランクのやり方

1.まず床にうつ伏せに寝ます。

→足をのばしてだらーんとリラックスしてください。

2.両腕を曲げて、両肘で上半身を上げます。

3.両つま先を立てて、お尻を肩の高さまで上げます。

4.肩とお尻を同じ高さにして体を一直線にします。(ここがとても重要です!!!)

→肩とお尻の一直線のラインが床と並行になるようにします。

5.背中が反ったりお尻が出たりならないようになるべく平行を意識してください!

6.視線はやや前方を見る

7.余裕があるならお腹をへこませてドローインの状態にしてお尻をキュッと締める(無理なら全然やらなくてこれはいいです)

これを10秒やるだけです。10秒です。出来るなら10秒を2セット・3セットと増やしていってください。無理なら1日1回10秒だけでいいです。まずは継続することが大事ですから。
で、もっと慣れてきたら10秒から20秒に30秒にと時間を増やして3セット毎日やっていけばいいと思います。

体幹トレーニングの効果

この体幹トレーニングでどんな効果があるのかが一番、皆さん知りたいと思います。効果はいろいろありますがこの体幹トレーニングでは主に以下のような効果があります。

1.内臓が正しい位置に収まります。つまり、内臓の機能が活性化し胃や腸の働きが活発になり老廃物がしっかり排出されるようになります。老廃物が流れるとどうなりますか?当ブログの読者なら分かると思いますがパニック障害や自律神経失調症の方がよく困っている首こり・肩こりの緩和につながります。

2.体幹トレーニングで体幹の筋肉量があがるので血流がアップし血流がよくなる。血流がよくなるので顔色も当然良くなります。良い事ですね。

3.体幹トレーニングによって姿勢がよくなるので人間にとって自律神経にとって重要な呼吸が浅い呼吸から深い呼吸になり自律神経のバランスが自然と整います。私はこの自律神経のバランスが整うのが今の自分にとっては良いのでこのプランクをやるようになりました。

今回は体幹トレーニング、その中でもパニック障害や自律神経失調症の方に特に簡単でおすすめのプランクの紹介でした。

以上、パニック障害に対する理解を広めたいので一人でも多くの方が当記事を読んでもらえたら幸いです。みなさんのご協力お願いします。

それでは一人でも多くのパニック障害患者の回復を願って。。。

スポンサーリンク

-パニック障害

シェアありがとうございます。