【病気】パニック障害.com

 パニック障害という病気は必ず治ります!

【病気・パニック障害】パニックになりそうだ!そんな時は?!

2017/04/13

シェアありがとうございます。

電車内、混雑したビル内などの密閉された空間がとてもつらいパニック障害。私も1度目の時はそうでしたのでその気持ちとてもとても分かります。再発した今は、左半身の感覚麻痺に悩まされている以外は電車にもなれますし(満員電車はさすがに嫌ですが)、車の運転もまぁそれなりに普通に出来ます。感覚麻痺といっても動かないわけではではなく同じような症状の人は分かってもらえると思いますが何となく感覚が鈍いのです。なので、電車内や人の多い場所に行くとその感覚の鈍さが増して気持ち悪くなるのです。私の場合は横になって寝たくなります。でも、電車等に乗ってすぐにその場で横になったりその場から立ち去れない時の私なりの超簡単な対処法をお話ししたいと思います。劇的な効果はありませんが少しは効果がありますのでやってみてください。

スポンサーリンク

目を閉じる

とりあえず、動悸が激しくなりそうだ!とかモヤモヤした不安感がましてきそうだ!っと思ったら目を閉じてください。ねっ?簡単でしょ。余裕が少しでもあれば出来れば瞑想に近い形で何も考えずに目をただ閉じてください。目から入ってくる人混みの多さや目からの認識で今、自分は電車の中にいるってことを認識しているのでまずはそれらを遮る為に目を閉じてください。なぜ、目を閉じたら良いのか?その効果を書きたいと思います。

目を閉じる効果

①目の疲労回復
目を閉じることで目がリラックスする、つまり副交感神経(リラックスモード)が働きやすくなります。

②脳の疲労回復
目を閉じると脳の状態はα波へ切り替わります。α波とはリラックスしてストレスを抜いている状態です。なので、動悸が激しくなりそうだ!とかモヤモヤした不安感がましてきそうだ!っと思ったら目を閉じるのが非常に効果的なのです!

つまり目を閉じることにより交感神経が活発化してドキドキしたり不安になったりするパニックの症状を軽減してくれるのです。交感神経を抑え、副交感神経を活発化してくれるのです。もしも横になれるなら横になって目を瞑ればさらに効果は高まります。これはパニック障害や自律神経失調症の方だけでなく健康な方でもプレゼン等の緊張する場面があるでしょう。そういうときに深呼吸するのも当然いいのですが3秒から5秒ほど目を閉じてみましょう。やってみて下さい。意外と落ち着き平常心になれます。

本日は、ドキドキしたり不安になったけどその場から逃げ出せない、頓服薬も無い!どうしよう!って時にまずはやってもらいたい「目を閉じる」という動作についてでした。

それでは一人でも多くのパニック障害患者の回復を願って。。。

スポンサーリンク

-パニック障害

シェアありがとうございます。