【病気】パニック障害.com

 パニック障害という病気は必ず治ります!

【病気・パニック障害】わたしがやめた食べ物・飲み物 ベスト5

2017/04/13

シェアありがとうございます。

本日は、わたしがパニック障害になってから(好きだったけど)やめた食べ物・飲み物をご紹介したいと思います。やめてすぐに効果があったわけではないですが結果的に身体全体が健康体に近づいていっていると思います。それでは早速、私が好きだったけどやめた食べ物・飲み物のベスト5をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

コンビニのスイーツ

白砂糖が多く含まれておりこの白砂糖が非常に厄介です。中毒性が高くやめたくてもなかなかやめられない食べ物です。わたしもずっと大好きでコンビニに行くと必ずエクレアやシュークリーム等を買っていました。食べるとホッとするんですよね。しかし甘いもの全般に言えますが内蔵を冷やしてしまうので病気の方は特に控えたほうがいいと考えます。ほかにも白砂糖は老化を早めたりガンのリスクが高まるなど良い事はありません。私もコンビニのスイーツを控えて数ヶ月経ちますがやっとそんなに食べたくなくなりました。それでもコンビニ行くとちょっと見てしまいますが笑

コンビニのスナック菓子・菓子パン

またまたコンビニの食品です笑 これには人工のトランス脂肪酸が多く含まれます。この人工のトランス脂肪酸が非常に駄目です。アメリカでは、2018年6月以降、トランス脂肪酸の食品添加を原則禁止にするみたいです。それぐらいトランス脂肪酸は身体に色々な害を及ぼし動脈硬化、心臓疾患、ガン、アレルギー等挙げたらキリが無いぐらい悪い影響があるのでやめましょう。

ほかにもコンビニの店頭にある揚げ物類やおにぎりなども身体には良くないです。つまりコンビニ食は便利ですが身体には良くない食べ物が多いと考えます。コンビニ自体を完全に否定しているわけではありません。あくまで私が病気を治すために身体に悪い食べ物は何か?を一生懸命調べた結果ですので。

缶コーヒー

これは本当に好きでした。タバコを10年前に止めたのですがタバコを止めた後も缶コーヒーだけはなかなか止められませんでした。しかし頑張って止めてもう3年は飲んでいないと思います。缶コーヒーでもブラックならまだ良いと思うのですが私の場合はブラックコーヒーが飲めなくて「微糖」を飲んでいました。微糖って書いているので微かな砂糖しか入っていないと思っているかもしれませんがすごい砂糖が入っています笑 なので先ほどスイーツのところで書いたような悪影響が身体に出てしまいます。タバコと缶コーヒーは本当に頑張って止めたと思います。これだけは自分を褒めれると思います笑 尚、コーヒー自体にはみなさんもご存知のカフェインが含まれています。カフェイン自体は悪いものとまでは私は思っていませんが精神疾患系のご病気のかたは交感神経が優位になっている傾向が高いのでコーヒーを摂取するとさらにコーヒーに含まれるカフェインが交感神経を活発にするので控えたほうがいいと言われています。ただ、習慣的にコーヒーを飲む方はデカフェにするか一日いっぱいだけブラックで飲むなどしたらいいと思います。コーヒー飲めない飲めないとストレスになっては意味が無いので。。。

ファーストフード

これはいわゆるマクドナルドとかですね。私も若いころはマクドナルドが好きでしたが今は一切食べなくなりました。友人とちょっとした会話をするために入る事はありますが飲み物しか頼みません。しかもお茶とかです。ファーストフードはとにかく油と塩分が半端なく多いです。塩分が多い食べ物を頻繁に摂取すると高血圧になります。高血圧は不健康の第一歩です笑 ファーストフードは肥満や生活習慣病の原因にもなりますのでこれもとにかく控えたほうがいいです。ファーストフードは上記の食品に比べるとわたしは結構簡単にやめることが出来ました。

冷たいもの全般

これはさきほども書きましたが単純に内臓を冷やしてしまうからです。内臓が冷えると血流が悪くなり冷え症はもちろん、基礎代謝が下がりなんとなく身体がだるいといった感じになります。当然、病気にもなりやすくなります。つまり人間が本来持っている自然治癒力が下がりますのでなるべく暑い夏場でも冷たいものは控えたほうがいいです。最近のコンビニでは常温の飲み物も置いていますのでぜひそちらにしてみてください。

長々と書きましたが、わたしがやめた食べ物・飲み物 ベスト5でした。

以上、一人でも多くの方に当記事を読んでもらえたら幸いです。みなさんのご協力お願いします。

それでは一人でも多くのパニック障害患者の回復を願って。。。

スポンサーリンク

-パニック障害

シェアありがとうございます。