パニック障害.com

パニック障害という病気は必ず治ります!

【パニック障害】首!手首!足首!とにかく首を大切にすること!

2017/08/04

シェアありがとうございます。

今回はわたしの5年におよぶパニック障害歴から首の大切さについて話したいと思います。タイトルにも書きましたがとにかく首と名のつく「首!手首!足首!」はとにかくたくさんの神経と血管が通っているのでここが凝ったり冷えたりすると全体の血流の流れが悪くなり首こり・肩こり、そしてそこからめまいや吐き気などの不定愁訴が発生し自律神経失調症やパニック障害へとどんどん重症化していきます。

それではさっそくひとつひとつの首に関してどんな人が対象かと効果について話していきたいと思います。

スポンサーリンク

手首を温める効果

手首というのは一番実は冷えやすくて血流が悪くなりやすい場所であります。あと、最近の世の中ではパソコンやスマホを仕事やプライベートで使う機会が大変多いと思います。パソコンやスマホを使用している間、実は手首が圧迫され血行不良になっている方が案外多いのです。そのため、手首周辺の血行不良を少しでも解消するためには手首を温めることが非常に大事になってきます。温める方法はいろいろあります。カイロを使ったり蒸しタオルを使ったりといろいろありますが私のおすすめは仕事中も使えるリストウォーマー(リストバンド)です。安いものだと薬局で両手で600円ほどで売ってます。バンテリンの本格的なサポーターになると片手だけで3000円ぐらいしますが温めるのが目的なのでそこまで本格的なものはいらないと私は考えます。意外ですが手首を温めると手自体も案外あったかくなります。おそらく血行が良くなっているんだと思います。私は仕事がらパソコンと10時間以上向き合うお仕事なのでもっと早くリストバンドをつけて仕事をしていれば良かったかなっと後悔しています。とにかく自律神経失調症やパニック障害の方は血行を常に良くしておくことが大事だと私は考えます。

首を温める効果

首・手首・足首の3つの首の中でもやっぱり首が一番温める効果が高いです。首が冷えると血行不良になり冷え性になりさらに首こり・肩こりになりさきほどと同じようにさまざまな不定愁訴が発生し自律神経失調症やパニック障害へとなっていきます。首は本当に大切です。特に寝つきの悪い人や熟睡した感じのしない眠りの浅い方はネックウォーマーをして寝てみてください。初めは首がごわごわして眠りにつけない方もいるかもしれませんが慣れてくると思いますので寝るときだけでもネックウォーマーをして寝てみてください。いつも言ってますが睡眠が一番自律神経を整えるのには大事だと私自身は考えているので寝るときだけでいいのでネックウォーマーをして寝てみてください。私のおすすめは寝る時用なのでシルクの薄手のものがいいと思います。少々お値段しますが2000円から3000円ぐらいで買えると思いますのでぜひ試してみてください。

スポンサーリンク



足首を温める効果

足は心臓から一番遠い場所にあるので冷え性の人は手よりも足の指先のほうが特に冷たくなりませんか?足首を温めるとかきましたが足首からふくらはぎにかけてをレッグウォーマーで温めるのが効果的だと思います。値段は両足で1000円から2000円程度で売っていると思います。「頭寒足熱」という言葉があるように下半身を温めることが健康にいいということは昔から言われています。ふくらはぎは下半身と心臓との血流をつなぐ大事なポンプの役割を果たしているのでここが冷えて血流が悪化すると下半身全体の血行不良になっていきます。

以上、3つの首の温める重要性について今回は書いていきました。私の場合は首こりが酷いので寝るときのネックウォーマーは必須になりましたしPC作業時のリストウォーマーは当たり前のようにつけています。「手首怪我でもしたんですか?」って初めの頃は良く聞かれましたが最近は全く聞かれません。リストウォーマーをつけているだけで手首のだるさが全然違いますので侮れませんよ。

次回は、呼吸法に関して書けたらいいなっと思っております。それでは一人でも多くのパニック障害患者の回復を願って。。。

【お知らせ】
プロフィールにも書いていますが、競馬予想・為替予想をしていますのでもし興味がある方は、宜しければそちらも息抜きにでもご覧になってください。何かを予想することがとにかく好きです笑 よろしくおねがいします。「単複勝負.com」「週間為替展望.com

スポンサーリンク

-パニック障害

シェアありがとうございます。