【病気】パニック障害.com

 パニック障害という病気は必ず治ります!

【病気・パニック障害】自律神経を整えるために行ったさまざまな対策 その2

2017/04/13

シェアありがとうございます。

それでは、私が自力で自律神経を整えるために行ったさまざまな対策の続きを書いていきたいと思います。私もこの病気が発症してから5年もの歳月が経過していますのでそれなりにいろんな事をしています。なのでこれは良かったとかこれはあんまりイマイチだったとか私個人の感想を伝えることが出来るのでパニック障害に困っている人の少しでもお役に立てればと思います。それでは前置きはこの辺にして私が行った自律神経を安定させるために習慣にしたことを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

ガムを噛む

ガムであればコンビニでも薬局でもどこでもすぐに安価で手に入るので始めるのにはとても良いと思います。噛む効果としては、脳内伝達物質の1つのセロトニンが増えるため、心を安定させる効果があります。過去記事でも話しましたがパニック障害の方は大体交感神経が優位になっていますので日ごろからガムを噛む習慣を身に付ける事はとても良いことだと思います。

よく噛んでゆっくり食べる

さきほどのガムを噛むと関連することですが私もそうなんですが早食いです。男3人兄弟で育ったので早く食べないとおかずが無くなってしまう家庭環境だったのでどうしても急いで食べる習慣が身に付いてしまって未だに抜けません笑 食事をよく噛んでゆっくり食べると先ほど同様、セロトニンが増えるのと食べ物が小さく砕かれるので内臓への負担が少なくなり消化吸収もよくなります。つまり良い事づくめです。なかなか仕事のランチ等ではゆっくり食べる時間なんてないよ!って方もいらっしゃると思うのでそういう方は朝食、夕食等自宅で食べるときぐらい一口50回ほど噛んで食べるように習慣付けてください。コツとしては噛んでいる間は箸を置く事です。箸を持っているとついつい他の食べ物に手を出したくなるので笑

アロマ

アロマと言ってもいろいろ種類があるのですがパニック障害や自律神経失調症の方におすすめで私自身も愛用しているのはラベンダーです。ラベンダーにはリラックス効果があり自律神経を安定させ不安や緊張を解きほどいてくれるので寝る前等におすすめです。ただし、アロマのにおいは好みがありますのでラベンダーがちょっと駄目って方は他のを試してみて自分に合うものを探してみてください。

以上、自律神経を整えるために行ったさまざまな対策でした。次回も引き続き自律神経を整えるために良いことを書いていこうかなっと思ってますが予定変更もあるかもしれません笑

スポンサーリンク

-パニック障害

シェアありがとうございます。