パニック障害.com

パニック障害という病気は必ず治ります!

【パニック障害】梅雨の時期は切り干し大根を食べよう!

シェアありがとうございます。

梅雨のじめじめした季節、本当に気持ち悪くて嫌ですよね。健康な体の人でもこの時期は体調を崩す人が大変たくさんいます。ましてや精神疾患系のご病気の方、特に自律神経系が弱っている人は本当に調子が悪くなります。私もその一人です。この時期は、体の中に余分な水分を溜めこみやすく、身体がむくみやすく、貧血・頭痛等も酷くなります。それらの症状がなぜ起きるのかというと体内の水の巡りが悪くなるからだと言われています。そこでその体内の水の巡りを良くしてくれる食べ物として私がお奨めするのが「切り干し大根」です!私はこの梅雨の時期になると意識的に切り干し大根を食べるようにしています。切り干し大根は、陽性で且つアルカリ性の食品で身体を温め、血液を浄化し循環を促進します。それでは、本日は切り干し大根の効能(メリット)と注意点(デメリット)を書いていこうと思います。よろしくお願いします。

スポンサーリンク

切り干し大根の効能(メリット)

なぜ生の大根ではなく、切り干し大根なのかというと大根の栄養価がUPするからです。干す事によって栄養価がUPする理由はGoogleさんにお任せするとしてどのくらい栄養価がUPするかというと、後述する栄養素を10倍から多いもので20倍近くにもUPさせてくれるんです。なので絶対に生の大根ではなく切り干し大根がお奨めなのです。ちなみに切り干し大根の100g当たりの栄養素は、

・食物繊維が6.6g
・カルシウムが94mg
・ビタミンB1が0.04mg
・ビタミンB2が0.04mg
・鉄が9.5mg

です。これはかなり凄い数値です。それでは、効能(メリット)について書いていこうと思います。

①この時期のむくみを防止してくれる。
②高血圧予防になる。
③疲労回復効果が期待できる。
④利尿作用がある。
⑤筋肉弛緩作用がある。

以上の5点は主に切り干し大根に含まれるカリウムのおかげです。続いて、

⑥歯や骨を丈夫にする
⑦動脈硬化、高血圧予防

以上の2点は主に切り干し大根に含まれるカルシウムのおかげです。これは内容から皆さんも分かったかなっと思います。他にも切り干し大根にはいろいろ効果があります。

⑧冷え性予防
⑨エネルギー代謝促進
⑩貧血を予防する
⑪大腸ガンを予防する
⑫便秘を改善

などなどかなり多くのメリットがあるので絶対に食べた方がよい食べ物です。実は私は切り干し大根(というか干し物全般)が苦手でしたがずっと食べているうちに切り干し大根は大丈夫になりました。なので苦手な人も身体に良いんだ!って言い聞かせて食べて欲しいです。それでは、注意点といいますかデメリットも書いておこうと思います。

切り干し大根の注意点(デメリット)

大根と聞くと低カロリーというイメージがあるかと思いますが、切り干し大根にすると様々な栄養価が大幅にアップする一方、アップして欲しくないものも大幅にアップします。それが糖質です。なので、以下の点に注意してください。

①出来る限り、朝食もしくは昼食に摂取する
②先にサラダを食べて急激な血糖値の上昇を抑えてから切り干し大根を食べる。
③一度に多くの切り干し大根を摂取しない。1食10g程度でこまめに摂るのが良いと思います。私も小鉢に少量を1日おきに取る程度にしています。

本日は、自律神経系がこの時期に弱る人のために切り干し大根のご紹介をしました。そこまで調理は難しくありませんので一度にある程度多めに作っておいてこまめに摂取すればいいかなって思います。

以上、一人でも多くの方に当記事を読んでもらえたら幸いです。みなさんのご協力お願いします。

それでは一人でも多くの方の病気の回復を願って。。。

【お知らせ】
プロフィールにも書いていますが、競馬予想・為替予想をしていますのでもし興味がある方は、宜しければそちらも息抜きにでもご覧になってください。何かを予想することがとにかく好きです笑 よろしくおねがいします。「単複勝負.com」「週間為替展望.com

スポンサーリンク

-パニック障害

シェアありがとうございます。